ホーム > 介護保険



介護保険における 保険者は、市町村です。
そして、40歳以上の国民は全て強制的に介護保険に加入し、被保険者となります
市町村は、被保険者から保険料を徴収して事業を運営し、介護が必要となった被保険者が介護サービスを利用した場合に保険給付をします。

被保険者は年齢によって次のように2種類に分けられます。
第1号被保険者・・・市町村内に住所をもつ65歳以上の者
第2号被保険者・・・市町村内に住所をもつ40歳以上65歳未満の医療保険加入者


第1号被保険者は、住所地の市町村に保険料を納め、介護が必要になった場合には、介護サービスを利用できます。
これに対して、第2号被保険者が介護サービスを利用できるのは、介護が必要となった原因が、老化との間に医学的関係が認められる「特定疾病」による場合だけです。

特定疾病は次の15種類が定められています。
筋萎縮性側策硬化症、後縦靭帯骨化症、骨折を伴う骨粗鬆症、シャイ・ドレーガー症候群、初老期における痴呆、脊髄小脳変性症、脊柱管狭窄症、早老症、糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症、脳血管疾患、パーキンソン病、閉塞性動脈硬化症、関節リウマチ、慢性閉塞性肺疾患、両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

第1号被保険者と第2号被保険者

 

第1号被保険者

第2号被保険者

対象者

65歳以上の者

40歳以上65歳未満の
医療保険加入者

受給権者
要介護者または要支援者
要介護者または要支援者のうち
老化に起因する疾患
(特定疾病)によるもの

保険料徴収方法

年金額一定以上は特別徴収
それ以外は普通徴収

医療保険者が医療保険料として
徴収し、納付金として一括納付





在宅での看護・介護について相談したい、ケアプラン作成をしたい、
介護に関しての悩みを解決したい、抱えている問題へのアドバイスが欲しい


まずはお電話でご相談下さい
03-5609-6162